FC2ブログ

粗悪燃料(仮説)

以前、軽油燃料のことを書いたのだけれども

先日TD5の燃料タンクを下ろすことがあってので燃料をとりだしてみたのだ。

下の写真を見ていただきたい。まざりっけ無しの綺麗な軽油である。

20191107a.jpg

この軽油はタンクから全部出した状態で、ほとんど汚れやスラッジの様な沈殿物はない。

これが正解だと思われる。

20191107b.jpeg

そして、これがまじりっけありの軽油である。

仮説だが「A重油が入っている軽油」はこんな感じなのであろうか。

泥水とバスクリンといえるほど違いがある。

こんなに汚れて浮遊物があれば、最新のTDCIエンジンはトラブルになるだろう。

綺麗な軽油であれば問題なく乗っていけたのではないか?と考える。

未然に防ぐことは現実できないことであろう。

給油するときに一度別のスケルトンの容器に移して、確認してから給油などは不可能であろう。

どのスタンドを信じて給油するのが良いのか?

恐らく安さを売りにしているスタンドは避けたほうがいいだろう。

安さには「カラクリ」があると思う。

TDCIオーナーの方々は、国道沿いの大きなスタンドで給油されることをオススメする。

そして半分ぐらいで満タンにする方が、入ってしまっているかもしれないタンクの下の沈殿物を、吸い上げないで済むからだ。

まだまだ決定的ではないが、ちょっと見えてきた部分もある。

「安い軽油」=「A重油が含まれている」ということの証明は難しいが、自分の愛車は自分で守るべきだと考えます。

何か情報が入り次第ブログアップします!




スポンサーサイト



TDCIエンジンの燃料について(仮説)

あくまでも私の憶測なのだが・・・

新型のディフェンダーが発表になりましたが、ひとつ前のTDCIエンジンのディフェンダーについて書きたいと思います。

テーマは「入れる燃料」についてです。

弊社でも2台ほどTDCIエンジンのインジェクターの先端が溶けるというクルマの修理をしました。

何故?溶けてしまうのか?

この修理の後、色々考えましたがひとつには「軽油に不純物」が混入しているという事実です。

20191006d.jpg

この写真はインジェクターの先端が溶けて、ガラガラ音のエンジンになってしまったディフェンダーの燃料の一部です。

当然、TDCIなので「軽油」が入ってます。

ところがです。

知り合いの大手分析会社の方に見てもらったところ、A重油の様な液体が混ざっているかも?と言われました。

若干琥珀色になっているのは、恐らくA重油だと思われます・・・

何故混ざるのか?と思うのですが・・・

故意に混ぜているのでは?

目的は儲けを多くする為?

競合店より安く販売しないと、生き残れないから?

簡単に言えば「脱税」になります。

その分析会社には色々持ち込まれるようで、70%近くがA重油の分析結果のものがあったとか・・・

どのスタンドで入れるのが得策かと考えると、国道沿いの大手さん、

それもトラックがたくさん給油するスタンドが一番安心なのでは?と意見が一致しました。

でもこれも絶対ではないです。調べようが無いからです。

TDCIエンジンは精密なディーゼルエンジンです。

ヨーロッパの排気ガス規制をクリアーさせる為に、色々と制御がされてクリーンな排気ガスとしています。

TDIやTD5では起きなかった粗悪燃料によりトラブルは確かにTDCIには起こります。

TDCIエンジンのディフェンダーにお乗りの方へ・・・

燃料添加剤・水抜き剤は入れない方が良いです。

また燃料フィルターは1年に一度くらい交換したほうが良いかもしれません。

そして、地方の小さなガソリンスタンドでの給油はやめたほうがいいと思います。

20191006g.jpg

こんなものも出てきました!

恐ろしいです。

この文章はあくまでも仮説で書かせて頂いております。



自分のディフェンダーをトラブルから守りましょう!

高松的にはまた何か情報があればブログでアップいたします。













個人売買車両の整備

20190718a.jpg

先日福井ナンバーのディフェンダー110TD5が入庫した。

実はこの車両、岡山県の方が個人売買で購入したディフェンダー110TD5である。

新オーナー様はありがたい事に弊社ブログやFBなどを見られて、TEREXSとパワークラスターオイルの高評価を知り、
全部の整備も弊社で行って欲しいとご依頼されたのである。感謝感謝♪

これから結構な整備を行って、もちろんエンジン洗浄やパワクラのオイルへの交換を行って送り出すことになる。

ひとつ上のメンテナンスをご理解いただき、弊社へのご用命は整備社冥利に尽きるのだ。

個人売買で整備にご心配のある方、こんなオーナーさんもいらっしゃいますよ♪

是非、お問い合わせください!

石垣島で1年半放置されたDEF110

以前石垣島に放置されてサビが酷く、そして機関の状態が悪いDEFの事をブログに上げたが

本日無事に修理が終わり納車となったのである。

20181213f_convert_20181213161350.jpg

駆動系の下回りはコイル、ダンパーからドライブシャフトやハブ・スイベル関係まで一通りの交換作業。

20181213g_convert_20181213161411.jpg

ヒーターユニット、ラジエター、インタークーラーなども交換です。

20181213h_convert_20181213161456.jpg

20181213i_convert_20181213161517.jpg

聞けばなくなられたご友人の形見で、なんとしても乗り続けたいクルマで、

ちゃんとした整備が出来るお店を探していたとか。

20181213j_convert_20181213161536.jpg

驚く無かれオーナーは素敵な女性♪

今日は娘さんと2人で引き取りに来られたのだ。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

新しくなったディフェンダーを楽しんでくださいね!


塩の被害は大変だ!

イベントの次の日に一本の電話が鳴る。

相手は女性でディフェンダーの修理のご依頼である。

どうやら高速道路を走行している時に大きな音と振動が起き走れないとのことだ。

ご本人とお会いすることも無くディフェンダーは運ばれてきた。

さて、クルマが届いて調べてみると、駆動系が塩でやられてしまい酷い状態だ。

そしてフロント回り、エンジン回りを点検してみるとこりゃまた凄いサビ。

この状態で乗っていたことが奇跡で、事故などを起こさなかったのは不幸中の幸いである。

私も今までいろいろなディフェンダーを見てきたが、ここまで各所をサビで侵食されているのは始めてである。

20181109d.jpg
20181109j.jpg
20181109e.jpg
20181109f.jpg
20181109g.jpg
20181109h.jpg
20181109i.jpg
20181109c.jpg

ドライブシャフトは噛み付いていて抜けないので切断から始まる。

弊社で出来る能力で蘇らせることに集中いたします!
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
25位
アクセスランキングを見る>>