FC2ブログ

T-WorksさんがT4でご来店!

横浜市の洋光台にあるT-Worksの田中社長様がご来店された。

目的は社員の所有するヴァナゴンT4のエンジン内部洗浄とパワークラスターオイルへの交換だ。

T-Worksさんはヤナセの協力店であるのはもとより、様々な欧州車の販売を行っているお店だ。

その中でもヴァナゴンのT3・T4の上質車を販売していることでも有名なお店である。

以前から弊社のお客様がT-Worksさんでヴァナゴンを購入されたりと、お客様が繋いでくれた経緯がある。

なんとも羨ましい話だが「ディフェンダー」と「ヴァナゴン」の2台持ちのお客様もいらっしゃるのだ。

また、弊社はパワークラスターオイルの代理店なので、T-Worksさんにも最近オイルを卸ている。

そんな経緯のもと、今回は社員さんのT4ヴァナゴンをTEREXSのテストで施工してみたのだ。

20201010a.jpg

9万数千キロ走行のTDIエンジンのヴァナゴン。そしてミッションはマニュアルなのである。

20201010b.jpg

社員さんは距離も伸びてきたので、違う車をなんて、浮気心が芽生えているとか?

施工が終了してパワークラスターの10W−60番を入れてみた。

すぐに田中社長が気がつく!エンジン音が静かにと。

20201010c.jpg

後日、田中社長からメールが。社員もびっくりの変わりようで、まだまだ乗るそうです!とのこと。

吹け上がり、トルク、馬力、燃費を全て向上させるTEREXS+パワークラスターオイルに驚きは隠せないようだ。

田中社長様、お忙しい中のご来店誠にありがとうございました。




スポンサーサイト



マツダCX-5にTEREXS施工

気がつけば8月17日からブログを書いていない。

書いていないと言うより、書く暇がないのだ。

お盆休みを頂いたつけが回ってきて忙しすぎる日々なのである。

さて、先日マツダCX-5のエンジン洗浄を行ったのだ。

スカイアクティブと呼ばれるクリーンディーゼルエンジンはバカ売れしたと聞いております。

ですが、チョイ乗りの場合このエンジン内部はかなり汚れてしまうと聞いております。

オーナーさんもその辺をご理解しているようで、是非とも洗浄したいとのことなのだ。

20200907d.jpg

マツダのクリーンディーゼルエンジンの洗浄は初めてだと思う?

20200907c.jpg

走行距離は約8万キロ。長距離より圧倒的にチョイ乗りが多いそうだ。

20200907e.jpg

0W−20番あたりが純正指定オイルだが、パワークラスターオイルでは10W−60番を入れてみることに。

指定オイルよりは汚れにくいかと思われる。

20200907a.jpg

どの車もエンジン洗浄すれば専用の溶剤は真っ黒。

ただ、このエンジンは汚れ方が酷いように思える。

汚れを落としてパワークラスターオイルを入れて、走りはどう変わるのか?

楽しみだ!

フォードエクスプローラーTEREXS

先日フォードのエクスプローラーがエンジン内部洗浄TEREXSでご来店された。

バブルの終わりの頃、この車は割と街で見かけることが多かった。

時代は移り変わり日本からフォードが撤退して久しい。

ランクルプラドからの乗り換えされたオーナーさん、実はTEREXSの施工は2回目である。

プラドのエンジンを洗浄してパワークラスターオイルを入れて、

信じていただけないかもしれないが「高速燃費10キロ/1Lが14キロ」まで上昇した経験をされている。

私もその数値に驚いて「計算違いでは?」と聞きかいしたほどだ。

今回は2匹目のドジョウを探しにこられたのだ(笑)

20200721c.jpg

懐かしいスタイルとボディーカラーのエディバウアーエディバウアー仕様。

20200721b.jpg

エンジン洗浄とAT洗浄をご希望されていたのだがATは接続できず断念。

20200721a.jpg

入れたオイルは時代から考えて10W−60番を入れることに。

さて、これでエクスプローラーの動力性能はどう変化するのか?

楽しみだ!

ヴォルクスワーゲンカラベルにTEREXS施工

エンジン内部洗浄TEREXSのご予約を電話で受けた時に「車種は何ですか?」と伝えている。

TEREXSの場合、ランクルやランドローバー以外でも施工される方が多く聞くことが常となっている。

そして今回は「バナゴン・カラベル」とのことで心がウキウキ状態に踊ったのだ。

そう、何を隠そう私の愛車がカラベルだからである。

いろいろな苦労話をお聞きしたいとその日を待っていたのだ。

都内から水平対向エンジン音を響かせ、予定日にご来店いただいたのだ。

20200702b.jpg

写真ではわかりにくいが、ブラウンツートンのボディカラー。

丸目二灯の1991年最終モデルである。

20200702a.jpg

洗浄している間、オーナーさんとカラベルの話とオイルの話をした。

私はカラベルの話をたくさんしたいのだが、仕事なので洗浄とパワークラスターオイルの特徴をお伝えする(笑)

実はオーナーさんはディフェンダー110のTDCIモデルも所有している。

何とも羨ましい限りである。

時間が取れれば海へサーフィンやサップを楽しむために訪れてるそうだ。

真っ黒に日焼けして笑顔で話すオーナーさんと繋がれたのは、TEREXSと言う仕事の一つであることが嬉しかった。

これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

TEREXS AT洗浄の効果とは

ツインランドで行っているTEREXSは二つある。

ひとつはエンジン内部を洗浄する作業で、エンジン内部の汚れを落とすことで、エンジン本来の動きを蘇生させるもの。

もうひとつはATの内部洗浄である。

2000年以降の車は洗うことが難しいが、1990年代までのランドローバーは洗浄ができるのだ。

ディスコ0、ディスコ1、CRR、DEF90V8などのATは全て洗浄が可能である。

20200609a.jpg

ATFに特殊な溶剤を混ぜてATFを循環させながら洗浄していく。

ATFは通常赤い色なのだが、汚れを取りながら出てくるATFはほとんど黒い色をしている。

ATFをいつ変えたかわからないと言われるオーナーさんも多い。

ディーラーでも量販店などでもATF交換をお願いしても断られることが多い。

ATの内部は非常に汚れに対してシビアな機構で、単純にATF交換をすると壊れてしまうことが多い。

しかしながらツインランドのTEREXSは、そのシビアな機構に付着している汚れを根こそぎ除去できる。

なので長年使用して劣化した機構も汚れが除去され動きがよくなることは実証済み。

20200609b.jpg

さらには、入れ替えるオイルはパワークラスター社のATFを使用する。

このATFは細分化されており、抵抗値が低い。抵抗値が低いと熱量が下がるのだ。

AT本体の熱量が下がると、ATシフトレバー周辺の熱量が下がりエアコンやクーラーが効くようになる。

冷風が出てきてもATシフトレバー周辺の熱で相殺されてしまう。

これは施工したお客様からの話なのでちゃんと結果が出ているのだ。

古い英国車を含む欧州車は熱に弱い。

日本の夏ではV8エンジンはアッチアチなってしまう。

メーカー指定の10W−30番の鉱物油を勧めているお店もあるが、そんなオイルでは日本の夏は越せないのだ。

エンジンもATも熱対策を怠ると壊しながら走っているようなものだ。

是非一度TEREXSとパワークラスターオイルの実力をお試しください。

肝心要の部分のメンテナンスは愛車の寿命を伸ばしてくれます。

よろしくお願いいたします。




プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
25位
アクセスランキングを見る>>