VW LUPO TEREXS

20170427b.jpg

先日ヴォルクスワーゲンのルポのエンジン洗浄を行った。

このブログで一番出てくるワーゲンの話はトゥーランのシートの移設の話。

今回は約50000キロ走行でもピカピカのワーゲンルポのお話なのである。

20170427a.jpg

13年近くも経過しているクルマとは思えないほどの綺麗なエンジンルーム。

もちろんボディも!1.4リッターの16バルブの4気筒エンジンを搭載もでる。

20170427c.jpg

さてさて、エンジン洗浄の効果はどうであろうか?

オーナーさま、可能であればコメントください。よろしくお願いいたします。

ありがとうございました!



スポンサーサイト

BENTLEY TEREXS

同じ英国車なのだが、ほとんど接点のない超高級車ベントレーがご来店である。

目的はTEREXSなのだ。

少し前からエンジンを切っても動き続けるという原因不明の状態が続いているそうだ。

ディーラーで見てもらっているのだが、エンジンの内部の汚れでこの様な事例があったらしく、

メカニックの勧めでTEREXSを施工することに。

そこまでの結果を期待されると結構ドキドキである(笑) 果たしてどうなるのか?

20170420a.jpg

しかし、全長が長い、ジャガーのXJクラスよりも長いと思う。そして厚みがあり重厚感が違う。

20170420d.jpg

20170420b.jpg

エンジンはV8で4リッターそこそこ?

20170420e.jpg

20170420c.jpg

贅沢な内装はさすが英国の高級車と唸らせるものである。

オーナーさんはもう一台RRを所有されている。この場合のRRはロールスロイスのことだが・・・

運転手付きで乗るクルマという一般人の勝手な想像であったが、

大好きで運転もされて楽しまれている方もいらっしゃるのだと改めて知った今回の施工。

ちなみにエンジンの不具合は残念ながら改善はされなかったようだ。

ただ、洗浄本来の結果は出ているかもしれない♪

コメントがありましたらお知らせください!よろしく願いいたします。







SUZUKI EVERY TEREXS

デリカ、ボンゴ、エブリイと複数台所有されているお客様が浜松市からご来店された。

話せば長いが、目的はTEREXSなのである。

きっかけはデリカで、TEREXSの効果を目の当たりにして、続いてボンゴ!

そして最近このエヴリイを購入との事で施工することとなった。

本日はエンジンとATのダブル施工を希望されている。

ご本人は本業が忙しく父上に代役を頼んでのご来店だ。

20170414b_convert_20170414132614.jpg

20170414c_convert_20170414132642.jpg

20170414a_convert_20170414132527.jpg

20170414d_convert_20170414132746.jpg

軽自動車で12万キロ近くの実走行。距離が伸びているからクルマは比較的安く入手したとか・・・

そしてTEREXSで洗浄して快適に使う♪

国産車であれば賢い選択肢かもしれない。

まあ、TEREXSの効果を実感してない方には難しい発想かもしれませんね!

「ちょい古クルマの快適ライフ」を応援いたします(笑)

DAIHATSU MAX TEREXS

TEREXSを施工してくださいと市内の方からのご依頼。

それもランドローバーではなく、ダイハツのマックスという軽自動車のオーナーさんからであった。

白煙が気になりだしてみたものの、なかなか対策はなくどうしようかと考えていたら、

ご友人からこんなのあるよと教えられたのがTEREXSだ。

まあ、白煙が出てくるということは、エンジンオイルの燃焼が原因だが、

はたしてTEREXSを使った洗浄で効果が出るかどうか?

オーナーさんも私たちも興味津々である。

20170331b_convert_20170331160846.jpg

20170331a_convert_20170331160805.jpg

125000キロの軽自動車のエンジンはTEREXSで蘇るであろうか?

施工後に軽く一周してきます!と言って帰ってきたら・・・

続きはコメントにどうぞ!

本日はありがとうございました。

結果がよければマツダのオート三輪にも施工してみたいとの事♪

しかし、オート三輪とはいいクルマをお持ちですね!

2ND RANGE ROVER TEREXS

ヤフオクで落札したセカンドレンジ。

レンジニアスにて限定整備。

ツインランドにてTEREXS。

午後一番で持ち込まれたクルマに本日はATの洗浄を行った。

走行距離は12万キロ程度。外観はそこそこ綺麗でボンネット内部の音は正常な感じがする(笑)

やはり皆さんエンジン洗浄よりもATが洗えるならばAT洗浄を優先されたいようだ。

エンジンオイル交換はどこででも可能だが、ATのオイル交換はそーもいかない。

セカンドレンジの場合は前期モデルであれば、ATのTEREXSも可能である。

20170321a_convert_20170320174203.jpg

古いクルマのほうが交換が可能というのも時代の流れか?

長く大事に使いたいという本人の思いより、壊れたら新しいものをお買い求めくださいとする、

メーカーの意図が2000年あたりから色濃く浮き出してきている。

ランドローバーも例外ではない。

20170321c_convert_20170320174301.jpg

新しいオイルと今まで使用してきたオイルの色の比較が出来るのもATFチェンジャーのいいところ♪

こんな機械があれば立会いの下、初めての人が説明を受けても納得がゆく。

20170321b_convert_20170320174234.jpg

ちなみに下が新品オイルで上が交換途中のオイル。

上のオイルの色を下の新品オイルの色に近くなるまで作業は続く。

ATFのオイルチェンジャーを使った交換の場合は、1リッター抜いて1リッター入れるを繰り返す。

今回は10.5リッターのオイル交換で完了。

数ヵ月後にエンジン洗浄の予定を入れながら帰られたオーナーとセカンドレンジ。

さて、ATのTEREXS洗浄の感想はどんな感じであろうか?

うそ偽りなくコメントくださいね♪よろしくお願いいたします。

本日はありがとうございました!







アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
10位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-