FC2ブログ

パワーダウンの原因

TS3S17050001.jpg

上の写真はディフェンダー110 TD5の2004年モデルのフロントマフラーの部分だ。10万キロを越えたあたりから、突然吹け上がりが悪くなったみたいだ。あるディーラーで修理をしてもらったのだが、2ケ月半かかっても直らず、ディーラーサイドはギブアップ状態。そこそこの修理費もかかっている。コンピューター診断も伴う作業なので、弊社提携工場へ入庫した。

そこのメカニック曰く「排気がうまく行われていない。フロントマフラーのキャタの内部から若干の音がする」との回答をもらった。早速中古のマフラーと交換してみる。そのメカニックの推測どおり、キャタの内部のサビで落ちた部分がエンド側の排気を時々半分ぐらいふさいでいたようだ。

TS3S17040001.jpg

こちらが新品のフロントマフラーだ。早速テスト走行をしてみると個体差はあるにせよ通常の出力に戻っている事を確認できた。これで長かったパワーダウンともオサラバなのだ。


プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
19位
アクセスランキングを見る>>