鮨職人・石見

先日、かねてから依頼のあった石見での昼食会に行ってきたのだ。

依頼主は友人で二人とも料理人である。料理人と言っても鮨の世界の料理人ではない。

iwasyo3_convert_20150301104814.jpg

一人は創作料理中心のお店のオーナーシェフ。

そしてもう一人は15歳から和食料理の板前修業を行ってきた料理人だ。

iwasyo2_convert_20150301104757.jpg

iwasyo4_convert_20150301104830.jpg

iwasyo5_convert_20150301104850.jpg

作品のご紹介は写真だけにしておくが、

連れて行った料理人は、どれを食べた瞬間でも目を閉じていた。

五感で味わうことのできる料理人は言葉を失っていた。

この金額でこのお鮨が食べられることに感謝だと。

iwasyo1_convert_20150301104736.jpg

この職人石見の大将から、「死ぬまで鮨を握る」と頼もしい言葉も頂いた。

石見に通うファンは出来るだけ長くお鮨を握って欲しいと願ってやまないだろう。

もちろん私もその一人である。

まだの方、是非!

















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いってみたーい(о´∀`о)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
15位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-