パーツ輸入と円安と

最近CRRの修理も多くなってきている。

ディフェンダーの新車販売が一息ついた感じだからであろうか?

修理の入庫も少しだが増えているようだ。

しかし、困ったことに必要部品が揃わない、と言うこともある。

英国本社でちょっと古いLRの部品を再販する記事を目にしたが、

実際のところどのあたりまでがカバーされるのか不安がある。

英国国内販売車両に限るとなった場合、英国スペックを使用しているクルマはいいが、

ジャパンオンリーとなると再販しませんなどと落ちが付くのであろうか?

その辺のところが解明されると言いのだが・・・

さて、そうは言っても修理の車両はありがたいことに入庫し続けている。

部品のクオリティの問題はあるものの、供給部品があるというのはまだ恵まれている。

20150821a_convert_20150821150433.jpg

マフラーが届いた。これから取り付けだが、なんとも頼りなくも思う。

この形でステンレス製にして、日本で作ってみようかな?と思うことがある。

昔であれば、CRRの純正スチールホイールをアルミで作ってみようかなどと話をしたものである。

しかし、1ショップががんばってみたところで、予算的に厳しいなぁ~と、

現実に引き戻されてしまう。

かといって円安が進めば当然ながら仕入れは高くなる。

輸入業者には辛い状況が続くのだ。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
16位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-