部分ペイント

板金塗装と聞くと結構高額な修理の部類だと思う。

「特にアルミはねぇ」などと昔からよく耳にする。

しかし、アルミの板金でも鉄と変わらないで板金塗装が出来る場合もあるのだ。

鉄であろうとアルミであろうと無理な状態は無理で、パネルを交換したほうが安いということもある。

塗装だけであればアルミも鉄もほとんど変わらない。

要するに板金の作業状況によって鉄とアルミはお値段が変わることがあるのだ。

へこみや傷程度であれば上記の通りだけではない。

さて、先日部分ペイントを施工したディフェンダーがある。

20150825b_convert_20150825132706.jpg

バルクヘッドとAピラー、そしてボンネットの塗装を施した1997年式のディフェンダー。

この写真だけ見ればとても綺麗な外装となる。

運転していると目の前のボンネットが美しいと気分も踊る。

今回はそんな部分を塗装してみたのである。

20150825c_convert_20150825132723.jpg

フロントフェンダーの上部と下部でグリーンの色合い違うのが分かると思う。

ライトグリルの上の部分は運転しながら目に入らない。

なので今回はここまでなのである。

予算との関係もあるが、地道に部分部分を塗装しなおしていく方法もありますよ♪

ご興味のある方ご相談に乗りますよ。

そー言えば、その昔「クルマの右側だけ塗装してください」とご依頼を頂いたことがある。

何で「縦半分なの?」と聞いてみると。

「人間の目では左右の面を同時に見ることが出来ませんから半分でいいんです(笑)」

と答えるツワモノもいた!

ある意味当たっている(笑)









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
16位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-