MAZDA RX8 TEREXS

20160522c_convert_20160522143705.jpg

珍しい車種のご入庫です。たまにありますよ!

ご存知マツダのRX8、ロータリーエンジンのスポーツカー♪

さて、このRX8のオーナーさんは、弊社の常連さん。

もう1台はクラシックレンジと両極端なクルマを所有されているのだ。

さて、何故ここにRX8が・・・と言いますとTEREXSなのです。

というのも、エンジンの不調を訴えてディーラーへ持ち込んだのですが、

メカニックさんからはリビルトのエンジンの載せ替えを勧められていた。

リビルトエンジン78万円也~チャリーン(笑)

笑い事ではないのだ、とはご本人の弁。

そこで最後の望みでTEREXSの施工に踏み切ったのである。

「期待薄いよ♪洗浄で直るとは思えないけど」とは私の弁。

症状はATの1速発進がもたついて、下手するとエンストするそうだ。

インパネにはしっかりとエンジンチェックランプが点灯している。

ディーラーで調べてもらったら、一つのロータリーが内部的にご臨終を迎えており、

圧力が標準値内まで上がらず、バラつきがあり症状悪化でエンストだそうだ。

施工前にその症状を確認する。低回転でもたついて確かに速くない。

新車の状態を知らないが、お世辞にもスポーツカーではない走り。

20160522b_convert_20160522143637.jpg

20160522a_convert_20160522143333.jpg

注目して欲しいのは「左のメーター類の下にエンジンチェックランプが黄色く点灯」していること。

ちなみに走行距離は137000キロ。ロータリーではかなりの距離だそうだ。

早速、TEREXSを施工開始する。

20160522d_convert_20160522143731.jpg

一通りエンジンの洗浄が終了して、新オイルを入れてエンジンスタート!

なんと!エンジンチェックランプが消えている!!!

Kさん、これもしかするともしかするかも(笑)

洗浄して内圧が標準値まで上がってきたのかも???

早速、二人でテストドライブに出かけてみる♪

明らかに1速のもたつきが治まっているではないか・・・

排気ガスの臭いも目にしみない程度まで改善されている。

Kさん「直っちゃったのかな?」

私「完璧ではないけど、かなり改善されたのではないかい」

Kさん「これならまだ乗れるよ♪」

私「よかったね!アルトワークスにおいていかれないで(笑)」

Kさん「ちょっと驚きだよ!ディーラーに持ち込んで内圧調べてもらうよ」

と、喜びながら意気揚々と帰られました。

全国のRE党の方々参考になりましたでしょうか?

エンジン不調でお悩みであれば試してみる価値ありかもしれませんよ♪










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
20位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-