その時代の主張?

日本車って不思議なのだが、その時代の新しい装備は何かと主張したがるようで、

今までにも私が小学生の頃からクルマにステッカーなどが貼られてきた。

たとえば、DOHCとかTURBOとかSUPERCHAGERとかがボディの側面や

ボディのリアにステッカーや厚みのある金属字体で取り付けられていることが多かった。

まあ、その時代は加速や速度に関する関心度合いは強く、高度成長期のグラフのごとく右肩上がりで

馬力やトルク、最高速度などが気になる時代であり、競い合っていたのは事実。

そのうち乗用車の4X4には4WDのステッカーも貼られるように・・・

ところが、下の写真を見てほしい。

20161121a_convert_20161121175354.jpg

もう、20年落ちくらいのスパッシオには、ABSというトヨタ純正ステッカーが貼られているのだ。

速度競争の花形を見せびらかすのではなく、止まることを主張し始めたのである。

アンチロックブレーキシステム採用車が普及してくると

「後ろのポンコツ君、あまり私の背後に近づくと怪我するよ」的にも見える。

現代よりちょっと前からは「ハイブリッド」の英文字が貼られてきている。

何か海外のクルマにはない特別な仕様なのだが、

私にはその時々でこっけいで幼稚に見えてしまう。

が、その反面、その古くなったステッカーを貼ったクルマを見ると、懐かしく感じるのである。

西暦で考えるのではなく、日本古来の時代年号で考えている時のような感覚である。

「わっかるかな~わかんねぇだろうなぁ~」by松鶴家千とせ♪









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
18位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-