異物混入?

1976年式の2ドアレンジのエンジン内部を修理しているのだが、

外注の業者から研磨が終了して戻ってきたら、変なものが添えられていた。

20170406b_convert_20170406142108.jpg
20170406a_convert_20170406142030.jpg

箱を開けて見ると「チョコレートの小枝」みたいなものが、テープでとめてあった。

???!! こんなものがどうやってエンジン内部から出てきたのか(大笑)

触ってみると「金属製」であることが分かる。

しかし、オーナーさんがクルマを入庫したときは打音はまったくない。

20170406c.jpg
20170406d.jpg
20170406e.jpg
20170406f.jpg

ヘッドガスケットは確かに溶けてなくなっている部分はあるが、これがあれ?

いやいや まさかねぇ! ありえないでしょう!

外注の専門業者も「よくわからない」と・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
32位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-