熱海の逆襲

正直、熱海の進化には驚いたのである。

一昔前の熱海はあまり活気もなく、魅力のない温泉地という認識であったが、

先日の休日、それも平日に凄い人出を目撃。明らかに今ブームが来ているようだ(笑)

老若男女が集まっている。海外勢もいるようだが、日本人観光客が実に多かった。

別に誰からも頼まれていないがレポートをお届けする(笑)

20170220k.jpg

20170220e.jpg

駅のメインの出口を見ていると旅行カバンを引きずった観光客が多数。平日の水曜日だよ。

足湯も大盛況で30人くらいがくつろいでいた。

駅ビルの中にある新しいお土産屋さんはオシクラ饅頭状態!

お土産の他に大根やしいたけなどの野菜類など、街のスーパーのような物まで販売している。

一泊二日の旅行の帰りにお土産と生活食材を買わせるとこが見事。

20170220d.jpg

20170220a.jpg

20170220f.jpg

また、昔ながらの昭和のアーケード下も異常な活気で、歩くのが一苦労。

この手の干し物も種類というより数が多い。売れていくのだろう。

20170220i.jpg

このラーメン屋は満席御礼状態が続く。

20170220j.jpg

20170220h.jpg

20170220b.jpg

20170220c.jpg

昭和レトロブームと相まってか若者のグループ、カップル、ピンとさまざまいたのだ。

宿泊に温泉、昭和レトロにソウルフードのらーめん屋。

このまま行くと小田原が・・・

20170220g.jpg

そんな中・・・幕を閉じた偉大な娯楽屋があった。

私も何度か訪れたお店。

今度は泊まりで出かけてきて、夜のストリップ小屋のレポートでも(大笑)





旬蔵 南熱海

わさび丼を河津まで食べに行こうと、平日休日の私たちはクルマを走らせた。

だが、どうやら工事が多くてどうにも時間内にたどり着かないことが判明した。

諸事情で出発時間も遅くなってしまい、昼過ぎに着く予定がナビでは2時過ぎてしまう。

そこで南熱海なのである。

ちょうどわさび丼をあきらめた場所がそのあたりで、

お腹が減っていたのでどこかで、昼飯を食べようとなったのである。

20170217g.jpg
20170217h.jpg
20170217i.jpg

もともと、わさび丼を食べてわさびを買って帰ろうという企画なので、わさびは本物でなければ納得もいかない状態だったが、状況が悪く期待しないでこの店!とほとんどヤケクソで入店したのである。

駐車場はあいているし、清潔そうな建物、手打ちそばのノボリ旗、個人的に中途半端。

チェーン店なみのサービスとまずさであるば、必ず後悔するパターンなのだ。

ところがなのである。店内は8割りの込み具合で多少の緊張感があり、

ある意味私たちの期待は裏切られたのである。

20170217a.jpg
20170217c.jpg

今週末からとれたてわかめのイベントが行われるようで、それにちなんで一品頼んでみることに。

500円の運ばれてきたわかめのしゃぶしゃぶセット。お出汁もなかなかポン酢も化学くさくない。

あれ、この店ちゃんとしている♪と馬鹿夫婦は顔を見合わせたのである。

20170217d.jpg
20170217b.jpg
20170217e.jpg
20170217f.jpg

焼き魚定食は本日の水揚げの魚らしく、なおかつ魚の焼き上がりを待って運んできてくれた。

わさびは削りたての本わさびで、ツーンとくる快感も河津まで行かなくても体感できた。

ご飯も炊き立ての状態で出され、あおさの味噌汁の出汁も本物であった。

小さなあじ丼も瑞々しく弾力があり、3切れの刺身は噛んでみると旨みが引き出されており、

なかなかどーしてすばらしいではないか(笑)なのだ。

いい意味で期待を裏切ってくれる裏切りは、ドライブを楽しませてくれる♪







工事現場下で

20170209a_convert_20170209112124.jpg

二人の現場監督が見上げていた(笑)

最近始めました♪

幼少の3歳の頃から水泳を習い、小学校も水泳に力を入れていたので、

そのまま若い頃は水泳一筋の私だが・・・

ここ最近運動不足が原因で筋力の低下を実感。

体力貯金を完璧に使い果たした上に、体重が10キロ近くも増えてしまったため何をやるにもハード。

禁煙を成功させ今度は体力復活と勢い込んで水泳を始めたのだ。

夫婦で週2回ほど市の運営する屋内プールへ通っているのだ。

20161206a_convert_20161206160451.jpg

1回2時間で500円とちょっと高いのだが、一番設備がいいので利用している。

25mプール、50mプール、飛び込みプール、ジャグジーもあり駐車場は無料。

まあ、当面は泳ぐというよりは歩くという感じである。

巨漢のおばちゃんに抜かれない様に頑張らなくては・・・(笑)

地魚料理 船よし 鴨川市

思い立ったら吉日、恐らくそうなるのであろう(笑)

先日の定休日の午前中にどーしても旨い魚料理が食べたくなった。

もちろん、相模原でも食べることは可能だが、ドライブついでにとなるのが休日である。

久しぶりに本気の地魚のランチを食べに、アクアラインで千葉を訪れたのである。

場所は鴨川市の外れの天津。25年以上かよっているお店である。

20161202c_convert_20161202181845.jpg

お店の名前は船よし。オーナーさんが漁師さん。ご存知の方も多いはず。

久しぶりに訪れてみると店内は改装されていた。

この船よしさんは旨さはお墨付きだが、量もそこそこある。

なので今回は夫婦で少なめに頼んでみたのだ。

20161202e_convert_20161202181947.jpg

これはアジフライ単品とライスセット。

20161202d_convert_20161202181920.jpg

まず、アジフライははずせないのでこれを注文。この厚みはすごかった!もちろん醤油でパクリ。

セットを頼んでしまうとこれに刺身と焼きアジがついてきて大変なことに・・・

20161202g_convert_20161202182037.jpg

そして、メインはキンメの1尾定食♪半分は刺身、半分は煮付けセットとなる。

これで2400円也、そして今が旬です。

20161202h_convert_20161202182104.jpg

キケンナキンメ!脂の乗ったキンメの刺身。この時期は近海ものでも脂が乗っている。

通常キンメの刺身の場合寝かせたほうがよりしっとりとして美味しいといわれている。

このキンメはおそらくさばいて煮つけと刺身で運ばれてきたのであろうが、

醤油に触れた瞬間、醤油表面に綺麗な脂模様が浮かび上がった♪

こりこりして旨いという人も多いが、活きがよ過ぎるだけが刺身ではない。食べごろの時間があるのだ。

そしてフライ、刺身、煮付けとなる定食が最高ランクなのである。

なになに一辺倒の定食は未完成なのだ。ここのメニューを見ているとよく考えられている。

ちなみに、上記全部で3200円ですよ♪ ご馳走様でした~(旨)

地魚料理 船よし
千葉県鴨川市天津3284-1
04-7094-2703







アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
15位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-