草津温泉の旅3

温泉で暖まりポカポカで床に就く。ふと気が付くと朝の4時半である。

そーだ!セナは大丈夫なのか?頭の中で考える。

着替えて宿の駐車場へ見に行ってみた。

少しだけ窓ガラスをあけていたので、そこから手を入れてみてがかなりヌクヌク状態。

これなら問題ないだろうと・・・それはいいのだがバッテリーが持つのかな?と疑問が。

今慌てても仕方がないのでそのままにして部屋に戻る。

2018222u_convert_20180222155440.jpg

朝4時半でディフェンダーはこんな感じ。風が強く側面にも雪が吹きつけられていた。

2018222t_convert_20180222155421.jpg

その後に風呂に入って朝食を頂く。

しかし、旅館の朝食はなんでこんなにご飯をお代わりしてしまうのであろうか?

おかずが多いのでついついなのである。

2018222s_convert_20180222155406.jpg

2018222o_convert_20180222155255.jpg

朝食を済ませてセナの散歩と雪道走行でもとなり外に出てみると、

ディフェンダーの左半分はツララが何本も出来ていた。見るからに寒い!

恐らくベバストヒーターを12時間点けていたので、

天井の雪が解けて外気温が低いので、大量のツララが出来たようだ。

しかし、このヒーター12時間つけていてもバッテリーには影響がまったく無かった。素晴らしい!

2018222r_convert_20180222155350.jpg
2018222p_convert_20180222155314.jpg
2018222q_convert_20180222155334.jpg

そのままヌクヌク状態で散歩に出発!

雪の中でも元気一杯のセナなのでした(笑) ※今日のワン子風♪

草津温泉の旅2

しかし、夕食の満腹感の中の入浴というのも身体に悪いので、

全員でセナの散歩がてら湯畑を見学しに行くのである。(セナはお犬様の名前)

2018222k_convert_20180222131742.jpg
2018222m_convert_20180222131819.jpg
2018222l_convert_20180222131800.jpg

湯畑はライトアップされて幻想的な雰囲気。気温も低くマイナス8度くらいなのだが、

風が強く体感温度はマイナス二桁と言う感じ。

実に寒い!

2018222j_convert_20180222131724.jpg

これは泊まった宿ではないが、外観が雪景色となりなんとも素晴らしい雰囲気。

2018222n_convert_20180222131835.jpg

さて、雪の中のお散歩から帰ってきたら、ディフェンダーはこんな感じ。

ベバストヒーターを装備したこのディフェンダーの中でセナは車中泊となる。

明日の最低気温予想はマイナス11度。

夕方6時から点けたベバストヒーターで9時過ぎでも車内はポカポカ♪

明日の朝まで点けっぱなしでバッテリーに影響がでるのか?

過酷なテストの始まりである。セナちゃん頑張ってね(笑)

2018222i_convert_20180222131707.jpg

そして、私たち人間は強烈に暖まる温泉で極楽モード!

肌の角質が剥がれだした感じでカカトまでもが非常にツルツルになった。

出てから30分はポカポカ。自宅の風呂ではこうはならない。

来た甲斐があるというものなのだ♪




草津温泉の旅1

2018222g_convert_20180222102330.jpg

宿は5代続く老舗の旅館の草津館である。

決して最新の旅館の設備ではないが、私は趣と歴史感のある宿が大好き。

悪く言えば古臭い、良く言えば伝統の宿だが、この宿には二つの源泉が存在するのだ。

2018222h_convert_20180222102349.jpg

窓の外は雪景色で、冬の温泉宿に来た!という満足感があった。

2018222e_convert_20180222102255.jpg
2018222a_convert_20180222102131.jpg
2018222c_convert_20180222102217.jpg
2018222d_convert_20180222102237.jpg
2018222b_convert_20180222102155.jpg
2018222f_convert_20180222102315.jpg

写真には写っていない料理もあって、食べ終える前にお腹が一杯に。

さて、料理も堪能したし、少ししてから温泉にでも浸かろうか・・・

何だか外も静まってきて、なんともいえない雰囲気にのみこまれていく。

あー極楽極楽といきましょう(笑)

草津温泉の旅

「草津ヨイトコー 一度はおいで♪」と言われたが、二度目の草津温泉なのである。

草津にいい湯に入れる宿があるから行きましょう!と出雲の旅の終わりに決まったのが今回の旅なのだ。

そう、このブログの読者さんであれば、10月のあの方たちとの旅シリーズね♪と言うことになる。

先週の17日~19日に2泊3日で草津温泉を堪能してきたのだ。

2018220D.jpg

旅の相棒はディフェンダー110td5。

エンジンを洗浄してPCオイルを入れて騒音対策済み。

寒さ対策でベバストヒーターも取り付けて防寒対策済みなのである。

TEREXSとパワークラスターオイル効果で、室内は会話を楽しめるレベルまで静かになった。

2018220C.jpg

当日は関越道でさっさと宿について温泉に入ってと考えていたが、

関越道事故渋滞の情報が・・・全部で20キロほどの渋滞だそうで、

諦めて下道を使うことに。狭山から秩父へ向かいその途中で蕎麦でも食べていこうと変更なのである。

2018220B.jpg

食べてみると新蕎麦なのかな?という感じであったが腹ごしらえには丁度良かったのだ。

2018220A.jpg

草津も旨い蕎麦屋があると聞いていたので、それも楽しみなのだが、

同乗者たちは蕎麦の連ちゃんはやめてくれ!とのことでる。

羽生くんの演技が見れるかと、蕎麦屋のテレビにかじりついていたが、

まだ30分も先なので諦めて先を急ぐことに・・・

少しの間、この旅シリーズのブログにお付き合いください♪

直火OKの陶器は楽しい!

昨日は定休日。先日陶器市で購入したふた付きの直火OK陶器を使ってみた。

どんな使い方かというと、ハマグリを蒸してみたのだ。

焼きハマグリもいいが、蒸しハマグリはもっとよろしいのだ。

2018208f.jpg

少しお水を入れた陶器にハマグリを投入。

2018208e.jpg

一気に熱すると蒸気が横から漏れてくる。

2018208d.jpg

程なくして蓋を開けてハマグリを開くのだ。中身のない側の殻を取り外して、

陶器の蓋を閉めてもうひと煮経ちさせて出来上がり。

2018208c.jpg

これだと陶器の中にこぼれたハマグリのエキスが残るのだ。

2018208a.jpg

このエキスを貯めておいて、そこにシジミと水を投入してひと煮経ちさせれば、

ものすごい「お出汁」ができあがるのだ。

2018208b.jpg

薄口醤油を少し加えて「ハマグリシジミ連合」の澄まし汁の出来上がり。

好みで三つ葉を加えて、本日の朝食の出来上がり!

実に旨い♪



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
20位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-