FC2ブログ

10W-60番という選択♪

恐らくだが‘05年までのランドローバー社製のV8エンジンにはこの番数のオイルがいいと思おう。

車種で言えばCRR、セカンドRR、ディスコ1、ディスコ2、DEFV8モデル・・・

パワークラスター社のオイルは通常のオイルとは違い、細分化したオイルなのである。

元々この手のエンジンはクリアランスが広めなので、細分化したオイルはその隙間を埋めてくれるようだ。

隙間を生めて内部圧をあげていくれる、こんな都合のいいオイルは他には無い。

本来、硬いオイルは古いエンジンにはいい、と言われているが、

硬くなることで内部コンプレッションが上がりトルクも出てくると言われているが、

硬いオイルは回らなくなるというのも常である。オイル滲みも減ることがある。

その昔他社の20W-60を取り寄せて冬の季節に入れてみようとしたら、

水飴のように硬く缶からなかなか出てこなかった経験がある。

60番という硬い番数でもパワークラスターオイルは注ぎ口からちゃんと出てくる(笑)

硬くても細分化してよく回るエンジンオイルは入れてみるとビックリする。

とにかくトルクが太くなるのだ。ちょっと踏めば進む感じだ。

現代のガソリンエンジンでは不向きかもしれないが、古いV8エンジンでは確実に変化を表してくれる。

20190318c.jpg
20190319e.jpg
20190322c.jpg
20190319d.jpg
20190322h.jpg

恐らくディーゼルもテストしているが、この番数が一番いいような気がする。

まだまだ、たくさんのテストを行って、他車種でも一番相性にいいオイルを作っていきますよ!


若者はクルマ離れ?

ツインランドにお父さんとご来店していた頃はまだ中学生くらいだったか?

もちろん免許は無いわけだが、クルマ好きな息子さんという印象であった。

時代は流れ、その少年が青年になり自動車免許を取得した。

若干24歳になったその青年は、昨年ディフェンダー300TDIを自力で購入してくれた。

お父さんはクラシックレンジのヴァンデンプラを所有している。

家族で出かけるときはいつもレンジで行動しており、キャンプもご家族で来られていた。

一台ランドが増車され落ち着くのかと思いきや・・・

今度はオフロード走行に目覚めた青年は、なんんと!ディスコ1のV8をご購入してくれたのだ。

ディフェンダー110も自分で支払いして、さらにディスコ1のV8である。

いやはや、なんとも、素晴らしい♪

「若者のクルマ離れ」と世間では騒がれているが、

どっこいこのような家族、そしてこのような青年もいるのである。

20190314a.jpg

一家でランドローバーを三台所有。

簡単に出来ることではないと思う。

オフロードの楽しさを知ってしまったMくん。

これから大好きなオフローディングの腕を磨いてね♪

ツインランドはこの青年を応援いたします!



最高峰のスーパーレーシングオイル

ランクルのディーゼルエンジンに入れてテストをする為に、

パワークラスター社の最高峰オイル「スーパーレーシング」を作ってみた。

今までは「PRO」、「レーシング」グレードをそれぞれ試してきたが、

このオイルメーカーが作る最高のオイルを体感する為に入れてみたのだ。

20190312c.jpg

注入後一回りしてきたメカニックが一言、「更に静かで、ちょっとアクセルを踏むだけで加速する」と。

20190312b.jpg

番数的には「10W-65」くらいの番数になる。

PROグレードが5000キロ対応、レーシングが10000キロ対応。

このスーパーレーシングは15000キロ対応のオイルである。

音を気にしなければ20000キロ対応も可能である。

通常のオイルでこんな番数を入れてしまうと「回らない、重い」となってしまう。

細分化されたオイルの凄さはこの番数でも軽く吹け上がるのである。

20190312a.jpg

エンジンはオイルで潤滑しているが、パワークラスターオイルは単なる潤滑油ではない。

入れ続ければ内部コンプレッションを向上させてくれる。

入れていくだけで「チューニング」されるオイルなのである。

気になる方はご相談乗ります!

ガソリン車・ディーゼル車何でもスペシャルオイルを作りますよ!

ランドローバー&ランクル屋ですが、車種は問いません(笑)

新車からパワークラスターオイル!

徐々にですがパワークラスターというオイルが認知されてきている。

細分化特許技術で作られるこのオイルの性能は、他社オイルでは体感が出来ない。

エンジン音の低減、レスポンス向上、燃費・馬力・トルクの向上などなど・・・

コストの面で自動車メーカーは安い原価のオイルを入れて新車を販売している。

「エンジニアはもっといいオイルを入れたい!」

「経営陣は安くて問題のないオイルで十分!」

両社の思惑は平行線なのである。

オイルで車の性能が変わる。そんな事実を知り始めたユーザーさんは賢い。

「新車で購入したクルマにはパワークラスターを最初から入れる」ということで、

後々の愛車の性能に差が出ることを気がついてきたのである。

もちろん、それはランドローバーやランクル以外のクルマでもだ。

20190302a.jpg

ガソリン4×4で10名乗車のハイエース。

20190302b.jpg

新車から567キロ走行で最初のオイル交換です。

20190302c.jpg

車重が2.3トンとそれなりに重い。燃費はリッター8前後。

20190304c.jpg

FRのキャンパー仕様のディーゼルハイエース。

20190304b.jpg

今回入れたオイルは10W-50番を入れてみました。純正オイルより20番高いです。

これだとエンジン内部の汚れ方は減りますよ。

普通のオイルで50番を入れたら回らなくなってしまいます!

20190304a.jpg

新車から1132キロでオイル交換です。

どちらのオーナーさまもこれを購入したら長く乗る!ということが大前提。

長く、快適に、調子よく・・・

新車からパワークラスターオイルを入れていくことそれは、

本当に愛車を大切にする、ということだと思います!

引けないドア

20190302e.jpg

よくあるお店のドア。

「引く」と書いてあるので引いてみるが・・・

20190302f.jpg

引けるわけが無い(笑)


プロフィール

タカピー13

Author:タカピー13
ツインランドの高松です! 
弊社はランドローバーをメインとした4×4のスペシャルショップです。クルマに関することや周辺情報、イベント報告などをツインランド流でお伝えしております。高松の独断と偏見食べ物情報もありますよ。決してナルシストではありません!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
22位
アクセスランキングを見る>>